シーズン券

HOME > シーズン券

18-19シーズン券早割受付開始!

18-19シーズンのシーズン券は料金改定でさらに魅力的に!世界最新のコンビリフト「サンライズエクスプレス」とスキー場付帯施設「リゾートセンター」のOPENも予定する18-19シーズン。お得な早割期間中に是非シーズン券をご検討ください。

サンライズエクスプレス

リゾートセンター

シーズン券料金表

  • ■チケットホルダーは別売りとなります。
  •  
  • ■ジュニアは小学生以下、シニアは60歳以上です。未就学児童は大人1名につき1名無料です(要同乗)。
  •  
  • ■営業予定期間/2018年12月21日(金)~2019年4月7日(日)
  •  ※4月1日(月)~4月7日(日)の期間は中央口のみの入場となります。観光口、ハツカ石口はご入場いただけません。
  •  
  • ■ナイター営業予定期間/2018年12月28日(金)~2019年3月16日(土)
  •  
  • ■ナイター営業予定リフト/サンライズエクスプレス、チロルトリプルリフト、観光第3エクスプレス、☆観光第1エクスプレス、☆ハツカ石入口リフト、☆ハツカ石ファミリーペアリフト(旧第2ペア)
  •  ※☆印の付いたリフトは、休前日と12月29日~1月5日のみの営業となります。
  •  
  • ■常設レッスン券付はSAJ公認石打丸山スキー&スノーボード学校の常設レッスンを何回でも受講できます。
  •  
  • ■平日用は平日と特定日(1月2、3日)のみ、休日用は土日祝日と特定日(12月30日~1月3日)の常設レッスン及びジュニアレッスンを受講できます。

シーズン券購入者特典

■温泉施設割引

ハツカ石温泉石打ユングパルナス様にてシーズン券を提示すると入浴料を100円割引いたします。

■提携スキー場割引

以下スキー場にてチケットご購入の際シーズン券を掲示すると、お得な料金でご購入いただけます。

  •  ●湯沢高原スキー場 / 大人1日券1,000円
  •        対象期間/12月29日~3月31日
  •  
  •  ●GALA湯沢スキー場 / 大人1日券1,000円
  •    対象期間/12月29日~3月31日
  •  
  •  ●池の平スキー場 / 大人1日券3,000円
  •    対象期間/12月21日~3月31日
  •  
  •  ●竜王スキーパーク / 大人1日券2,500円
  •    対象期間/12月21日~3月31日

シーズン券お申込み方法

※必ずページ内「ご利用に関する規約」「注意事項」をご理解の上、お申し込みください。

 必要書類 ❶ シーズン券お申込み書(兼同意書) PDF ←印刷してご利用ください
❷ 必要な費用または振込確認書類(写し)
❸ パスポートサイズの証明写真1枚(縦4.5cm×横3.5cm)
❹ 常設レッスン券付を購入されるお客さまはパスポートサイズ写真1枚(縦4.5㎝×横3.5㎝)と運転免許証サイズ写真1枚(縦3.0㎝×横3.0㎝)
※無背景・無表情・正面向きでサングラス・帽子は不可。
※スナップ写真は不可。※写真の裏面にお名前をご記入ください。
※写真の撮り直しをお願いする場合がございます。
 現地申込の場合

上記❶~❹を添えてご本人が、直接事務所にお越しいただき申し込みください。

12月20日までの現地申込受付は土・日祝日を除く平日8:00~17:00とさせていただきます。

 現金書留の場合 上記❶~❹を添えて下記シーズン券係宛てに現金書留でご郵送ください。
 お振込みの場合 指定銀行へ振込み後、上記❶~❹を添え下記シーズン券係宛てにご郵送ください。
なお、振込み手数料はお客様のご負担とさせていただきます。

■郵送先

石打丸山索道事業協同組合 シーズン券係
〒949-6372 新潟県南魚沼市石打1782-2 TEL.025-783-5571

■振込先

塩沢信用組合 石打支店(普通)0116681
名義 イシウチマルヤマサクドウジギョウキョウドウクミアイ

  • ※申込書1枚につき1名様でご記入ください。また、振込みも1名様ごとにお願いいたします。
  •  
  • ※早割受付は現金書留の消印またはお振込み日と申込み書が11月30日到着までとさせていただきます。

お受け渡し方法

  • ●郵送にてお申込みいただいたお客さまには、「お申込確認兼シーズン券引換書」をお送りいたします。シーズン券本券は郵送いたしません。
  •  
  • ●12月17日(月)より石打丸山索道事業協同組合にて郵送した「お申込確認兼シーズン券引換書」と引換いたします。
  •  
  • ●ハツカ石口受渡し希望の方は、ハツカ石口入口リフト乗場2F事務所(国際スキー開発)にて引換いたします。
  •  
  • ●常設レッスン券付を購入されたお客さまには「常設レッスンシーズン券申込確認書」をお渡しいたします。スクール受付で確認書と2019レッスンシーズン受講証を引き換えのうえご利用ください。
  •  
  • ●シーズン券を引換時に、本人確認のため、身分証明するもの(運転免許、健康保険証、パスポート、学生証)を提示していただきますのでご用意ください。

注意事項

■ご契約、お申し込み時のお願い

  • ●同一名義で複数契約は出来ません(お一人様一契約)。
  • ●本券の有効期間はご契約成立日から2019シーズンの営業期間中に限ります。
  • ●少雪、悪天候、自然災害、設備の故障等により、事前に告知することなく営業内容を変更又は中止する場合がございます。
  • ●ご契約成立後の払い戻しはいたしません。
  • ●郵送でお申込みの方には「お申込み確認兼シーズン券引換え書」をお送りいたします。引換え書はシーズン券実券と引換えますので大切に保管してください。

■ご利用時のお願い

  • ●ご契約者本人以外の方はご利用できません。他人への譲渡、転売、貸与は固く禁じます。
  • ●転売、転貸等、不正使用は有価証券につき刑事事件となります。絶対に行わないでください。
  • ●紛失した場合、再発行はできません。また、直ちに石打丸山索道事業協同組合に届け出てください。
  • ●リフト乗り場で改・検札をいたします。見えやすい箇所に装着し、係員に掲示してください。また、ご本人様確認を依頼された際は、サングラス・ゴーグル・マスク等を外してご協力ください。
  • ●滑走禁止エリア、立ち入り禁止エリアには絶対に侵入しないでください。
  • ●スキー場内では「スキー場行動規則」を守り、全ての利用者が気持ちよくお楽しみいただけるようご協力ください。

■その他

  • ●ご記入いただいたメールアドレスに来季早割情報やスキー場のお得な情報をお送りさせていただきます。
  • ●個人情報につきましては石打丸山索道事業協同組合、SAJ公認石打丸山スキー・スノーボード学校で厳重に管理し、警察機関を除く第三者には提供いたしません。
  • ●ご契約者本人以外からの契約内容についてのお問い合わせ・お申し出等はお受けできません。

上記注意事項をお守りいただけない場合や、スキー場のマナーに著しく反する行為、違法行為などが行われた場合は契約を破棄させていただきます。その際、返金は一切いたしません。また、次年度以降のお申込みもお受けできませんのでご注意ください。

 

ご利用に関する規約

■スキー場をご利用されるみなさまへ

  • スキー(スノーボード)は自然の中で楽しむ「スポーツ」であり、スキー場は以下にあるような、特有の様々な危険が潜んでいることをよくご理解・ご承知の上、ご自身の注意により避けるようにしてください。
  • また、弊社ホームページや場内に掲示されている「危険の告知」と「スキー場行動規則」を厳守し、事故の無いようご利用ください。
  •  
  • ①雪・風・霧など、天候による危険
  • ②がけ、凹凸など、地形による危険
  • ③アイスバーン、なだれなど、雪の状況による危険
  • ④岩石、立木など、自然障害物による危険
  • ⑤リフト施設、建物、雪上車両など、人工の障害物による危険
  • ⑥他のスキーヤーとの接触による危険
  • ⑦自らの失敗による危険
  • ⑧スノーパークの利用に伴う危険

当スキー場では、これらの告知およびスキー場行動規則の軽視・無視による事故には責任を負いかねますので、ご承知おきください。

■スキー場行動規則

  • 1.他人を傷つけたり、おびやかしてはならない。
  • 2.地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を避けるために止まれるよう、滑り方を選ばなければならない。
  • 3.前にいる人の滑走を妨害してはならない。
  • 4.追い越すときは、その人との間隔を十分にあけなければならない。
  • 5.滑りだすとき、合流するとき、斜面を横切るときは、上をよく見て安全を確かめなければならない。
  • 6.コースの中で座り込んではならない。せまい所や上から見通せない所では立ち止まることも慎まなければならない。転んだときはすばやくコースをあけなければならない。
  • 7.登るとき、歩くとき、止まるときには、コースの端を利用しなければならない。
  • 8.スキーやスノーボードには流れ止めをつけなければならない。
  • 9.掲示・標識・場内放送の注意を守り、スキーパトロール・スキー場係員の指示に従わなければならない。
  • 10.事故にあったときは救助活動と通報に協力し、当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければならない。
  •  
  • 一般財団法人日本鋼索交通協会、財団法人全日本スキー連盟、公益社団法人日本職業スキー講師協会、全国スキー場安全対策協議会、日本スノーボード協会
ページTOPへ