HOME > スノースポーツを楽しんでいただくために【ルール・マナー】

このスキー場でスキーをなさる方へ(告知)(平成10年10月策定)

当スキー場は、全国スキー場安全対策協議会が定める「スノースポーツの安全基準」による安全管理をしています。
皆様は次のことがらをご理解の上、別に定められた「スキー場の行動規則」を守って事故を起こさないように努めてください。
(スノーボーダーは「スキー」を「スノーボード」と読み替えてください)

1.スキー場には次のような特有の危険があることをご承知の上、これをご自分の注意により避けてください。
(1) 雪・風・霧など、天候による危険
(2) がけ・凹凸など、地形による危険
(3) アイスバーン・雪崩など、雪の状態による危険
(4) 岩石・立木など、自然の障害物による危険
(5) リフト施設・建物・雪上車両など、人工の障害物による危険
(6) 他のスキーヤーとの衝突による危険
(7) みずからの失敗による危険
(8) 場内のネット・マットは衝突の際の安全を保証する物ではありません。

2.スキー場管理区域の外に出ないでください。管理区域内でもコースに指定されていない所には出ないでください。
3.保護者の目の届かない所でのお子さまの単独行動は、お止めください。
4.当スキー場では、この「告知」および「行動規則」の無視・軽視による事故には責任を負いかねます。以上のことがらを承知できない方は、当スキー場でのスキーをお断りします。

一般財団法人日本鋼索交通協会
財団法人全日本スキー連盟
公益社団法人日本職業スキー教師連盟
全国スキー安全対策協議会
日本スノーボード協会

スキー場行動規則(平成10年10月策定)

1.他人を傷つけたり、おびやかしたりしてはならない。
2.地形・天候・雪質・技能・体調・混雑等の状況に合わせてスピードをコントロールし、いつでも危険を避けるために止まれるよう、滑り方を選ばなければならない。
3.前にいる人の滑走を妨害してはならない。
4.追い越すときは、その人との間隔を十分にあけなければならない。
5.滑り出すとき、合流するとき、斜面を横切るときは、上をよく見て安全を確かめなければならない。
6.コースの中で座り込んではならない。せまいところや上から見通せない所では立ち止まることも慎まなければならない。転んだときはすばやくコースをあけなければならない。
7.登るとき、歩くとき、止まるときは、コースの端を利用しなければならない。
8.スキーやスノーボードには、流れ止めをつけなければならない。
9.掲示・標識・場内放送等の注意を守り、スキーパトロール・スキー場係員の指示には従わなければならない。
10.事故に出あったときは救助活動と通報に協力し、当事者・目撃者を問わず身元を明らかにしなければならない。

一般財団法人日本鋼索交通協会
財団法人全日本スキー連盟
公益社団法人日本職業スキー教師連盟
全国スキー安全対策協議会
日本スノーボード協会

リフト利用時の注意

あなたの行動は、あなたと他の利用者全員の安全に関わっています。リフトの利用に当たっては、
責任と義務をともないます。次のことを守ってください。
<乗車時>
1 リフト利用に不安なかたは、申し出て下さい。
2 「のりば」の表示位置でスキー、ボードを正しく前に向けて待機してください。
3 乗りそこねたら、直ぐにリフトから離れてください。
4 スキーヤーは、ストックがとなりの人の迷惑にならないように注意してください。
5 リュック等はヒザにのせ、衣服等のヒモにも注意してください。
6 ボーダーは、流れ止めをつけ、ハイバックをたたんでください。
<乗車中>
1 セイフティーバーを下ろし、深く腰をかけてください。
2 乗っている時は、次のことを行わないでください
① イスを揺らすこと。
② イスから飛び降りること。
③ イスの上でふざけたり、後ろを向いたりすること。
④ ストック等で柱などにさわること。
3  リフトが止まっても飛び降りないでください。
 <降車時>
1  「おりば」が近づいたら降りる準備をし、降りた後はまっすぐ進んでください。
2  降りられなかったら、そのままイスに座っていてください。
------------------------------------------------
係員の指示に従ってください。

石打丸山スキー場

ページTOPへ